神戸 鍼灸 三宮エリアで注目度NO1! 鍼で人が本来持っている免疫力・自己治癒力を高め、 あなたのつらさを改善します!

パパス東洋医療鍼灸院


お花見

スタッフの田村です。

お花見は、日本人が古来から楽しみにしていた春の行事です。

この時季に咲き誇る花は、桜以外にも桃や菜の花など色々ありますが、
日本人にとっては「花」といえば桜の花を意味するようになりました。

平安時代の貴族たちが桜を春の花の代表格として愛で、歌を詠み、
花見の宴を開いて楽しんできて以来のことです。

また、桜の花が稲の花に見立てられ、その年の収穫を占うことに使われたりしていたため、
「サクラ」の代表として(一説によると「サクラ」の「サ」は田の神様のことを表し、
「クラ」は神様の座る場所という意味があり、
「サクラ」は田の神様が山から里に降りてくるときに、
いったん留まる依代(よりしろ)を表すとされています)桜の木が当てられるようになったという説もあります。

豊作を願って、桜のもとで田の神様を迎え、料理や酒でもてなし、
人も一緒にいただくことが本来のお花見の意味だったのです。

何はともあれ、美しい桜の花をめでながら美味しい料理に舌鼓を打つ、
何て贅沢な時間でしょう。

皆さまも春の訪れ、風を感じてみてはいかがですか。

パパス東洋医療鍼灸院のご案内

住      所:
〒651-0094 兵庫県神戸市中央区琴ノ緒町5-3-5 グリーンシャポービル705
アクセス:
JR三ノ宮駅・中央口山側正面 70m   徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
0120-417884
診療時間:
月~金曜日
午前10時から午後2時
午後4時から
午後9時
土曜日
午前10時から午後7時
受付は1時間前まで

定休日:
毎週日曜日 第2・4月曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ