神戸 鍼灸 三宮エリアで注目度No1! 鍼灸で自律神経を調節、血流を良くし ホルモンバランス、免疫力を向上させます! 不妊・女性疾患・自律神経障害・皮膚疾患に強い鍼灸院。

パパス東洋医療鍼灸院


掌蹠(しょうせき)角化症

IMG_0318.JPG IMG_0320.JPG IMG_0321.JPG

これらの写真は 院長である私竹中の指です。
症状としては少し落ち着いた 5月の写真です。
2011年11月にゴルフに行って 左手の親指の腹の皮膚がまず靴ずれのような感じになりました。
しばらくすると 左手の人差し指・薬指に水泡ができ
やがて 皮膚がただれたようになり
皮がボロボロになってきました。

この時 最初に行った皮膚科で出されたのは
ステロイドの入った軟膏でした。
言われたままに 1カ月使用しましたがひび割れがひどくなり
出血する個所もでてきました。
気がつくと 右手にも同様の水泡ができ
右手の 親指・人差し指・薬指も同様に。

パパス東洋医療鍼灸院を三宮に移転する頃が
ピークだったかもしれません。
不思議な事に  両手とも発症した部位は
親指・人差し指・薬指の3本の指腹。

3件の皮膚科にお世話になりましたが・・・
最後の先生に言われた言葉が
特効薬はありません。 気長にお付き合いください。
仕事を止められるか、 寝たきりになれば治りますから。」


現在の私の指の状態


IMG_1081.JPG IMG_1077.JPG IMG_1074.JPG

両手ともほぼ 発症前の状態に戻りました
治療中も手袋を使用する事もなくなりました。

鍼灸治療・漢方薬・温泉水全てが上手に働いてくれたと思います。

発症した時は 長年経営してきた飲食店を閉店し
新たに 鍼灸院一本に方向転換を進めていた時期です。
私にも 人並みのストレスがかかっていたんでしょうね。
自律神経の乱れが免疫力を低下させて
その結果が 皮膚にこのような形で現れたのでしょう。

実は 私の父親が、今の私と同じ年の頃にこの症状で苦しみました。
皮膚科の先生に曰くは遺伝性は少ないとのことでしたが
発症年齢・症状ともにそっくりでした。

一時、私もこれは時間がかかるだろうな。っと悩みました。
写真を見ていただければ一目瞭然ですが治ります
同じようにお悩みの方も多いと思います。
お力にれると思います。


※施術効果には個人差があります。
※上記は個人の感想であり、成果や効果を保証するものではありません。


 

私の行った治療


仕事をや止めるわけにはいきませんし
寝たきりになるような大病もしておりません。

IMG_0330.JPG IMG_1098.JPG yunosato.jpg

当然のことながらまずは鍼灸治療です。
写真は高麗手指鍼療法。見た目は痛々しそうですが
鍼自体はさほど痛いものではありません。
加えて 井穴刺絡で自律神経を整えました。


塗り薬としては 漢方薬の「紫雲膏」
切傷・打撲傷・凍傷・火傷・ひび・あかぎれ・かぶれなど
皮膚疾患には万能的な塗り薬です。
かなり 香りが強いので私はハンドクリームに混ぜて使用しました。

十味敗毒湯・桂枝茯苓湯加薏苡仁などの漢方薬も服用。

以上が5月までの治療法。
これで写真のような状態にまで回復しました。
それでも 治療中はゴム手袋を着用せざるをえませんでした。

5月の末に紹介していただいたのが
和歌山県・橋本市神野々の天然温泉「ゆの里」

アトピーなどの皮膚疾患、潰瘍、悪性疾患などの方が
たくさん 湯治に訪れています。
私も 毎月1度訪れてお湯にゆっくりとつかり
この温泉水を2種類ブレンドしたお水
「月のしずく」を毎日飲み、源泉の「夢」という水を
事あるごとに患部にスプレーして擦り込みました。

掌蹠角化症手足の角質異常

YSさま 64歳 会社員

2014年10月11日の初受診以来、約14カ月の通院中には大変お世話になりました。

おかげさまで最初の手足の病気(掌蹠角化症)は、ほぼ完治するまでになりました。
しかし、年齢には勝てず、腰痛(脊柱管狭窄症)を発症、
継続して治療をしていただき本当にありがとうございました。

ふり返れば 当院を尋ねたのは 手足の腫れ・キズの痛みで多くの病院を渡り歩いたが
まったく回復のメドが立たず、失意のどん底状態のときでした。
たまたま、ネットで同じ症状の当院竹中院長のブログを見つけ、
メールで親切なアドバイスを得て、本格的な治療に取り掛かることになりました。

初めての鍼治療と漢方薬の服用でみるみる回復。
特に手の回復は本当に早く、2か月後には竹中院長も驚くほどの回復ぶりで
「パパス倶楽部通信」に掲載されるまでになりました。

加齢によるさまざまな疾患がある事は承知していましたが、まさか自分が発症するとは思っていませんでした。
会社でのストレスに加え、数々の病院めぐりから西洋医学への不信は、
精神的な負担の増大につながったのかもしれません。

自律神経疾患治療には 東洋医学の凄さを身を持って体験しました。
これからは、病気にならない予防的生活習慣を心がけていきます。

最後になりましたが パパス東洋医療鍼灸院スタッフの皆さま、益々のご発展、ご健勝をお祈りいたします。

※施術効果には個人差があります。
※上記は個人の感想であり、成果や効果を保証するものではありません。

パパス東洋医療鍼灸院のご案内

住      所:
〒651-0094 兵庫県神戸市中央区琴ノ緒町5-3-5 グリーンシャポービル705
アクセス:
JR三ノ宮駅・中央口山側正面 70m   徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
0120-417884
診療時間:
月~金曜日
午前10時から午後2時
午後4時から
午後9時
土曜日
午前10時から午後7時
受付は1時間前まで

定休日:
毎週日曜日 第2・4月曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ