神戸 鍼灸 三宮エリアで注目度NO1! 鍼で人が本来持っている免疫力・自己治癒力を高め、 あなたのつらさを改善します!

パパス東洋医療鍼灸院


姿勢について その2

正しい座位の姿勢


みなさん、案外知らないのが正しい姿勢知らないのか 忘れちゃったのか。
正しい姿勢が解ってないと 正しい姿勢はできません。 

自分の身体に これが正しい姿勢なんだ というのを教えてあげましょう。

sisei1.jpg

・椅子の奥にしっかりと座る。
・両手の親指と人差し指の内側のラインを 
しっかりと鼠径部にあてる。
・上から押す感覚で腕を伸ばし背筋を伸ばす。顎を軽く引く。
(この時、胸を高く上げるイメージで)
・両手を離し、肩の力を2割ほど抜く。

この状態が 脊柱の生理湾曲ができたいい姿勢です。


立位の場合は 
・肩幅に足を広げ、胸を高く、胸と顎を離す気持ちで立って下さい。
・自然に足の裏の内側に体重がかかるようになります。

最低1時間に一度、お仕事中にこの姿勢を作って下さい。
体がだんだん正しい姿勢を意識してきます。

デスクワークの方へのワンポイント・アドバイス

この正しい座位姿勢を保ちやすくする方法をお教えしましょう。

sisei2.jpg sisei3.jpg sisei4.jpg


・バスタオルを1枚準備してください。
・写真のように座面に収まるように
バスタオルをたたんでください。





・バスタオルをもう半分にたたんでください。
・そのタオルを座面の奥にくっつけて下さい。
・このタオルの上にお尻がしっかりと乗る様に
深く腰掛けて下さい。




・足が前に下がった感じで 自然と背中が伸びます。
・この写真では腰の部分に 腰枕を当てて補助してます。
(理学療法のマッケンジー療法で使う、
ランバーロールという枕です。)
・専用の腰枕を必ず使う必要はなく、
タオルを丸めて代用しても大丈夫です。

このタオルを使う座り方は デスクワークの方だけではなく
長い時間、車を運転される長距離バスやタクシーの方には
かなり 有効な腰痛防止になります。


更新

次の記事 >>

パパス東洋医療鍼灸院のご案内

住      所:
〒651-0094 兵庫県神戸市中央区琴ノ緒町5-3-5 グリーンシャポービル705
アクセス:
JR三ノ宮駅・中央口山側正面 70m   徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
0120-417884
診療時間:
月~金曜日
午前10時から午後2時
午後4時から
午後9時
土曜日
午前10時から午後7時
受付は1時間前まで

定休日:
毎週日曜日 第2・4月曜日

24時間ネット予約


ページ上部へ