神戸 鍼灸 三宮エリアで注目度NO1! 鍼で人が本来持っている免疫力・自己治癒力を高め、 あなたのつらさを改善します!

パパス東洋医療鍼灸院


休肝日を作ろう!!

みなさん お酒はお好きですか? 私も副院長も大好きです。

適度な飲酒は昔から「百薬の長」と言われてますのでOKなのですが
美味しいし 楽しくなるのでついつい量が多くなってしまいます。

kan2.jpg

一般的に適量と言われているのは
ビール 中瓶1本(500ml)
日本酒 1合(180ml)
ワイン 2杯(240ml)


人により アルコールを分解する能力が違いますから一概にはいえませんが
私などは飲み過ぎですね・・・ ビール2杯飲んで ワイン1本空けちゃいますから。

さて このアルコールが強い人・弱い人(全く飲めない人も)の違いは ズバリ肝臓にあります。

肝臓の働きは 大きく2つ。
代謝作用:食べ物から摂った糖・蛋白質・脂質を体内で使える形に変えて貯蔵し、
必要な時にエネルギーのもととして供給。
解毒  :アルコールや薬、老廃物などの有害な物質を分解し、からだに影響をおよぼさないように
無毒化します。

東洋医学でいうと 肝の働きは
1.肝は魂を蔵す。判断力や計画性などの精神活動を支配する。
2.肝は血を蔵す。血液の貯蔵庫になり、身体各部の血液量を調整する。
3.肝は筋を主る(つかさどる)。肝の機能が落ちると筋が無力になったり 疲労する。
4・肝は目に開竅する。肝は目を通して外界と交流している。肝が衰えると目が疲れ易くなる。
等があります。

アルコールを少しでも飲むと 解毒の働きが始まり 本来の代謝作用の働きを損ないます。なので 
本来の働きだけを行える日=休肝日
という観点でお酒を飲まない日を作りましょう。

呑ん平の患者さんで 「昨日は休肝日でした。ビール1杯しか飲んでない。」
などとおっしゃる方が結構多い。
休肝日は1滴もアルコールを飲まない。という日です。

最低でも1週間に2日は休肝日を!!

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

パパス東洋医療鍼灸院のご案内

住      所:
〒651-0094 兵庫県神戸市中央区琴ノ緒町5-3-5 グリーンシャポービル705
アクセス:
JR三ノ宮駅・中央口山側正面 70m   徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
0120-417884
診療時間:
月~金曜日
午前10時から午後2時
午後4時から
午後9時
土曜日
午前10時から午後7時
受付は1時間前まで

定休日:
毎週日曜日 第2・4月曜日

24時間ネット予約


ページ上部へ