神戸 鍼灸 三宮エリアで注目度NO1! 鍼で人が本来持っている免疫力・自己治癒力を高め、 あなたのつらさを改善します!

パパス東洋医療鍼灸院


灸:おきゅうとやいと

Img_1234.jpg

一昔前は 家庭でお灸をすえる習慣がありました。
私も子供の頃、曾祖母が家でお灸をしていたのを覚えてます。
(年がばれる・・・・)

子供を強く叱る意味の言葉として「やいとを据える」
と言われてました。



このやいとは お灸を四肢や背部、臀部などに据えて我慢をさせるしつけでしたが
「お灸はやけどが残るほど熱いもの」としてイメージが定着して、
現在でも お灸が嫌がられる事にもなってます。

きゅうもやいとも漢字で書くと 灸。灸も色々とやり方があります。

やいと と呼ばれるものは 打膿灸(だのうきゅう)というもので、
大豆大から指頭大のもぐさを焼ききり、その部位に軟膏を塗って故意に化膿させる。
化膿させることによって 白血球を増加させ免疫力が上がるという考え方が基になっています。

当院でもそうですが 現在の鍼灸院で行われてるのは 無痕灸と言われる種類。
心地よい熱感を感じ 熱くなったらすぐに外すという手法です。

これは 補のお灸とも呼ばれ、弱ってる所や冷えてる所にプラスに働くお灸です。
やいとは マイナスのお灸ですね。元気すぎるのをたたきに来るんですから。

ですから 現在のお灸は気持ちのよいプラスのお灸だという事をご理解いただき
決して 熱い、火傷をするようなものではないとご理解ください。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

パパス東洋医療鍼灸院のご案内

住      所:
〒651-0094 兵庫県神戸市中央区琴ノ緒町5-3-5 グリーンシャポービル705
アクセス:
JR三ノ宮駅・中央口山側正面 70m   徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
0120-417884
診療時間:
月~金曜日
午前10時から午後2時
午後4時から
午後9時
土曜日
午前10時から午後7時
受付は1時間前まで

定休日:
毎週日曜日 第2・4月曜日

24時間ネット予約


ページ上部へ