神戸 鍼灸 三宮エリアで注目度NO1! 鍼で人が本来持っている免疫力・自己治癒力を高め、 あなたのつらさを改善します!

パパス東洋医療鍼灸院


睡眠のためのゴールデンタイム

今回は自分の事を棚にあげてお話します。苦笑。

ズバリ身体にとって最良の睡眠タイムは23時~3時。この時間帯は熟睡状態でいて下さい。

suimin.jpg

睡眠の主な目的ですが
1、脳と身体を休息させる
横になると身体の休息になります。
でも脳は睡眠時しか休むことができません。脳を休める事で、
気持ちのリフレッシュやストレスの軽減ができます。
2、免疫機能を高める
寝ている間に修復される免疫機能は、
不眠が続くと弱まっていきます。
3、新陳代謝をよくする
熟睡すると成長ホルモンの分泌が増加され、
糖や脂肪、タンパク質などの代謝が促進されます。


東洋医学的に考えて行きましょう。

23時から1時は 子の刻(ねのこく) 「胆」の働く時間とさています。
胆は決断をつかさどる臓腑であり、胆の働きが弱ると優柔不断になるといわれています。
胆の決断力が正常であれば、恐怖や驚きなど外界からの不快な刺激を即座に判断して、
心身に影響が及ばないように防御できます。

しかし、胆の働きが低下して決断ができないと、ちょっとしたことにも驚きやすく、
異常なまでに怯えることがあります。
このほか、動悸・ため息・不眠・疑り深い・ぼんやりするなどの症状が現われます。

1時から3時は 丑の刻(うしのこく)「肝」の働く時間とされています。
「肝」は解毒のための重要な臓器。気血水のコントロールも行います。
臓腑の関係では、肝と胆は表裏関係になります。肝がストレスなどでバランスを 崩していると、
胆の決断力も低下してしまいます。

休肝日のお話をした時にも書きましたが 「肝」を休めないといけない時間でもあるこの時に
起きて お酒を飲んでいるという事は、どれだけ 肝臓のみならず身体に負担をかけているという事になるのかご理解いただけますね。

この時間にもっとも成長ホルモンが分泌され、眠りが深くなります。
成長ホルモンは、全身の細胞を修復し、免疫を強化し、脂肪を分解します。

世の中が便利になった分 夜型の生活、もしくは生活時間が夜にずれ込んでいます。
毎日は 無理かもしれませんが この「睡眠のゴールデンタイム」を頭において下さい!!

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

パパス東洋医療鍼灸院のご案内

住      所:
〒651-0094 兵庫県神戸市中央区琴ノ緒町5-3-5 グリーンシャポービル705
アクセス:
JR三ノ宮駅・中央口山側正面 70m   徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
0120-417884
診療時間:
月~金曜日
午前10時から午後2時
午後4時から
午後9時
土曜日
午前10時から午後7時
受付は1時間前まで

定休日:
毎週日曜日 第2・4月曜日

24時間ネット予約


ページ上部へ