神戸 鍼灸 三宮エリアで注目度NO1! 鍼で人が本来持っている免疫力・自己治癒力を高め、 あなたのつらさを改善します!

パパス東洋医療鍼灸院


気圧と体調

taifu.jpg

今(24年9月30日)日本列島を台風が17号が縦断してます。
台風は大きな低気圧です。みなさん体調はどうですか?

・頭痛がする。ひどいと吐き気も。
・体がダルイ、重い。
・眠い。
・うつがひどくなったり イライラ感がする。など。


気圧が下がり天気が不安定になると「副交感神経」が優勢になります。
といことは 活動的ではなくなり眠くなります。

ところが、気圧が低下すると「ヒスタミン」という物質が体内に増えます。
ヒスタミンはアレルギーや炎症を起こします。
花粉症の方はよくご存じなヒスタミン。嫌な物質ですね。
また ヒスタミンは神経伝達物質として「交感神経」を刺激します。

気圧が下がると交感神経(緊張させる神経)と副交感神経(リラックスさせる神経)の
両方を刺激するので自律神経のアンバランスが生じます。

気圧が下がると毛細血管が膨張するともいわれています。
それで頭重感や偏頭痛、眩暈といったいわゆる
お天気病とか低気圧病と呼ばれる症状や上記の症状が起こるのでしょう。

喘息の場合は気管支の血管膨張・炎症とヒスタミンの影響かもしれません。

自律神経の調整は 鍼灸の得意分野。
普段から 体調を整え自律神経のバランスを保てる身体にしましょう。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

パパス東洋医療鍼灸院のご案内

住      所:
〒651-0094 兵庫県神戸市中央区琴ノ緒町5-3-5 グリーンシャポービル705
アクセス:
JR三ノ宮駅・中央口山側正面 70m   徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
0120-417884
診療時間:
月~金曜日
午前10時から午後2時
午後4時から
午後9時
土曜日
午前10時から午後7時
受付は1時間前まで

定休日:
毎週日曜日 第2・4月曜日

24時間ネット予約


ページ上部へ