神戸 鍼灸 三宮エリアで注目度NO1! 鍼で人が本来持っている免疫力・自己治癒力を高め、 あなたのつらさを改善します!

パパス東洋医療鍼灸院


女性ホルモンはどうしてできる?

みなさん 女性ホルモンがどうしてできるか?
その過程をご存知でしょうか?

実は、女性ホルモンは男性ホルモンが変化して出来ます。

その変化させるのが【アロマターゼ】という名の酵素。

男性がこのアロマターゼが活性化しすぎると 男性の女性化の病気になります。
低身長、女性化乳房などの症状が そして 男性不妊の原因にもなります。

もちろん 原材料はコレステロールなんですけど
コレステロール→男性ホルモン→女性ホルモン
の順で変換されていきます。

生理が始まって低温期になります。低温期=卵胞期 卵を育てる時期です。
じゃあ なぜ低温になるか? なる必要があるのか?

このアロマターゼが最活性するのが36.2度なんですって。
だから しっかり体温が下がって生理が始まると 女性ホルモンの分泌が増えるってことです。

すなわち いい卵が育って行く!!

これが基礎体温の理論です。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

パパス東洋医療鍼灸院のご案内

住      所:
〒651-0094 兵庫県神戸市中央区琴ノ緒町5-3-5 グリーンシャポービル705
アクセス:
JR三ノ宮駅・中央口山側正面 70m   徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
0120-417884
診療時間:
月~金曜日
午前10時から午後2時
午後4時から
午後9時
土曜日
午前10時から午後7時
受付は1時間前まで

定休日:
毎週日曜日 第2・4月曜日

24時間ネット予約


ページ上部へ