神戸 鍼灸 三宮エリアで注目度NO1! 鍼で人が本来持っている免疫力・自己治癒力を高め、 あなたのつらさを改善します!

パパス東洋医療鍼灸院


節分

鍼灸師の田村です。
こちらでは初めてになります。よろしくお願いします。

2月3日は節分ですね。
本来、節分とは季節の変わる節日、立春、立夏、立秋、
立冬それぞれの前日、年に4回あったものでした。

日本では一年のはじまりとして立春が特に尊ばれ、
次第に春の節分のみを指すようになってきたようです。

平安時代には旧年の厄や災難を祓い清める行事が宮中で行われていました。

室町時代以降に豆をまいて悪鬼を追い出す行事へと発展し、民間にも定着していきました。

鬼や大豆は陰陽五行説(「木」「火」「土」「金」「水」の五行)の「金」にあたり、
この「金」の作用を滅するといわれる「火」で大豆を炒ることで鬼を封じ込めるという意味があります。

最後に豆を人間が食べてしまうことにより鬼を退治したということになるわけです。

豆まきは一般的に一家の主人あるいは「年男」が豆をまくものとされていますが、
家族全員で、というところも多いようです。

自分の数え年の数だけ豆を食べると病気にならず健康でいられるといわれています。
大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た働きがあり、適量を取ると良いとされています。
栄養素について未知であった時代から身体に良いものと考えられていたようですね。

いにしえの人々へ思いを馳せながら節分を過ごしてみてはいかがでしょう。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

パパス東洋医療鍼灸院のご案内

住      所:
〒651-0094 兵庫県神戸市中央区琴ノ緒町5-3-5 グリーンシャポービル705
アクセス:
JR三ノ宮駅・中央口山側正面 70m   徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
0120-417884
診療時間:
月~金曜日
午前10時から午後2時
午後4時から
午後9時
土曜日
午前10時から午後7時
受付は1時間前まで

定休日:
毎週日曜日 第2・4月曜日

24時間ネット予約


ページ上部へ