不妊治療で悩む貴女のサポーター パパス東洋医療鍼灸院

パパス東洋医療鍼灸院


卵子ははたして本当に老化するのか

ここ数年、卵子の老化そして精子の老化が不妊に大きく影響しているといわれるようになりました。

老化することによって 卵子・精子の質が悪化する。

そして それが 受精卵の染色体の異常の原因となっている。
と言われています。

受精卵の染色体の異常があれば 着床しないし 着床してもほぼほぼ流産してしまう。

ただ 卵子は原子卵胞という形で冬眠している状態。
それがどの時点で染色体のエラーがでるのでしょうか?

眠ってる間に染色体のエラーが起こるのか!?

実は原子卵胞から胞状卵胞になり そこから排卵されるまでに3か月かかります。

その3か月間にしっかりと胞状卵胞が育つためのエネルギーが十分にあれば
いい卵子が排卵されるはずなんです。

そのためのエネルギーが不妊に悩んでいる方は少ないということ。

ズバリ必要なのはATP。

そして ここに関与してくるのがミトコンドリアなのです。

正常な場合 1個の卵子が持っているミトコンドリアの数は1万以上。
これは普通の細胞内のミトコンドリアの10倍以上とも言われています。

では ミトコンドリアを活性化させることができれば いい卵子が育つはず。

ここがポイントになってきます。

続く。

mitoko.jpg

 

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

パパス東洋医療鍼灸院のご案内

住      所:
〒651-0094 兵庫県神戸市中央区琴ノ緒町5-3-5 グリーンシャポービル705
アクセス:
JR三宮駅・中央口山側正面 徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
0120-417-884
受付時間:
月~金曜日
午前診10時から13時40分
午後診16時から19
時40分
土曜日
10時から17時40分

定休日:
毎週日曜日 第2・4月曜日

24時間ネット予約


ページ上部へ