不妊治療で悩む貴女のサポーター パパス東洋医療鍼灸院

パパス東洋医療鍼灸院


卵子ははたして本当に老化するのか その4

 
いい卵子のためにはミトコンドリア。

年齢の経過とともに酸化ストレスの影響を受けるとミトコンドリアはダメージを受けてエネルギー生産力が落ちます。活性酸素も増えてくるということ。

活性酸素というのは 人間は毎日500リットルの酸素を呼吸で体に取り入れています。取り入れた酸素がすべて使われたらいいのですが 使い切れない酸素が酸化します。これが活性酸素。活性酸素は病理作用も発揮します。しかしながら、抗酸化防御システムとよばれるものにより制御され、病気にはすぐにならないようになっています。
でも 増えすぎたり抗酸化物質が足りなければ病気になったり ミトコンドリアにダメージを与える。

そのためには抗酸化物質の摂取が不可欠になります。
抗酸化物質はずばり ビタミンCとEです。
ビタミンCは何となくイメージがつきますよね。ではビタミンEは?
ナッツ類やアボガド、緑黄色野菜に含まれますがサプリからの摂取がいいかもしれません。
Cは500mg、Eは200mg

コエンザイムQ10もミトコンドリアにとっては非常に重要です。分子間のエネルギー移動させる大事な役割を持っています。

加齢とともにミトコンドリアの働きは衰えてきます。ATPというエネルギー生産量が落ちてきます。これがいわゆる人間の老化現象の原因。40歳以上の女性から採取した卵子を調べるとミトコンドリアの構造劣化は顕著に表れています。すなわち卵子が老化する。当然遺伝子的な損傷も増える。卵胞細胞内のミトコンドリア数も減少。

多くの研究機関でコエンザイムQ10が卵子の質を高めるとことのデータを出しています。

コエンザイムQ10を含むものはイワシ、肉、鶏肉などがありますが 必要量はイワシからだと毎日1.5キロ必要になります。

サプリで摂取するのが早いと思います。

参考にしてください!

妊活中の方是非、話聞いてください。

皆さんのインスタの投稿読んでいるともっと正しいことを知ってほしい。無駄な努力と時間とお金を使って欲しくない。
同じことをやって結果が出ていないということは今のやり方にどこか間違いがあるからです。

なぜ、あなたに赤ちゃんができないかのヒントになる。おうちからカウンセリング受けていただけます。ぜひ!! 
いい卵子のためにはミトコンドリア。

年齢の経過とともに酸化ストレスの影響を受けるとミトコンドリアはダメージを受けてエネルギー生産力が落ちます。活性酸素も増えてくるということ。

活性酸素というのは 人間は毎日500リットルの酸素を呼吸で体に取り入れています。取り入れた酸素がすべて使われたらいいのですが 使い切れない酸素が酸化します。これが活性酸素。活性酸素は病理作用も発揮します。しかしながら、抗酸化防御システムとよばれるものにより制御され、病気にはすぐにならないようになっています。
でも 増えすぎたり抗酸化物質が足りなければ病気になったり ミトコンドリアにダメージを与える。

そのためには抗酸化物質の摂取が不可欠になります。
抗酸化物質はずばり ビタミンCとEです。
ビタミンCは何となくイメージがつきますよね。ではビタミンEは?
ナッツ類やアボガド、緑黄色野菜に含まれますがサプリからの摂取がいいかもしれません。
Cは500mg、Eは200mg

コエンザイムQ10もミトコンドリアにとっては非常に重要です。分子間のエネルギー移動させる大事な役割を持っています。

加齢とともにミトコンドリアの働きは衰えてきます。ATPというエネルギー生産量が落ちてきます。これがいわゆる人間の老化現象の原因。40歳以上の女性から採取した卵子を調べるとミトコンドリアの構造劣化は顕著に表れています。すなわち卵子が老化する。当然遺伝子的な損傷も増える。卵胞細胞内のミトコンドリア数も減少。

多くの研究機関でコエンザイムQ10が卵子の質を高めるとことのデータを出しています。

コエンザイムQ10を含むものはイワシ、肉、鶏肉などがありますが 必要量はイワシからだと毎日1.5キロ必要になります。

サプリで摂取するのが早いと思います。

参考にしてください!

妊活中の方是非、話聞いてください。

皆さんのインスタの投稿読んでいるともっと正しいことを知ってほしい。無駄な努力と時間とお金を使って欲しくない。
同じことをやって結果が出ていないということは今のやり方にどこか間違いがあるからです。

なぜ、あなたに赤ちゃんができないかのヒントになる。おうちからカウンセリング受けていただけます。ぜひ!! 

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

パパス東洋医療鍼灸院のご案内

住      所:
〒651-0094 兵庫県神戸市中央区琴ノ緒町5-3-5 グリーンシャポービル705
アクセス:
JR三宮駅・中央口山側正面 徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
0120-417-884
受付時間:
月~金曜日
午前診10時から13時40分
午後診16時から19
時40分
土曜日
10時から17時40分

定休日:
毎週日曜日 第2・4月曜日

24時間ネット予約


ページ上部へ